この夏、気を付けたい熱中症。今日からできる熱中症対策とおすすめの飲み物を紹介

梅雨が終わるといよいよ夏本番

みなさん、夏はお好きですか?
連日各地で、夏日、猛暑日の気温が続き、熱中症で体調崩される方のニュースもよく目にします。みなさんももちろん熱中症について知っているとは思いますが、今日は改めて熱中症についてと、その対策など紹介させていただきます。

熱中症とは

熱中症とは体温が上がり、体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温の調整機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、痙攣、頭痛などといった様々な症状を起こす病気の事を言います。

症状によって重症度は3段階に分けられます。

Ⅰ度:現場での応急措置で対応できる軽度な場合

・立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になったことで生じます)
・筋肉痛や筋肉の硬直(発汗に伴う塩分不足で生じるこむら返り)
・大量の発汗

Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症の場合

・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・倦怠感
・虚脱感

Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症の場合

・意識障害
・痙攣
・手足の運動障害
・高体温(体に触ると熱い、いわゆる熱射病、重度の日射病)

熱中症になりやすい場所とは?

熱中症といえば、「炎天下の中長時間にわたり野外にいたとき」や「真夏の暑い中、運動をしていた時」といったケースを想像する方が多いでしょう。もちろんこのケースで熱中症になってしまう可能性は極めて高いです。しかし実際にはこのような典型的なケースばかりではありません。梅雨の合間に突然気温が上がったなど、身体がまだ暑さに慣れていない時期にかかりやすい病気でもあります。室内や寝ている間にも熱中症に陥る危険性があるので注意が必要です。
・気温が高い、湿度が高い
・風が弱い、日差しが強い
・照り返しが強い
・急に気温が高くなった
このような場合は要注意です。

熱中症を予防するために

熱中症を予防するために気を付けたいポイントです。

エアコンを活用する

温湿度計で室温をこまめにチェックして、必要であればエアコンも活用しましょう。
外気温との差が大きいと、部屋を出入りする際、体に負担がかかりますので、設定温度は外気温5℃以内にしましょう。
また寝ているときに起こる、夜間熱中症にも十分に注意が必要です。寝る際は寝室の室温、湿度などにも注意しましょう。

暑さを避ける

外出時にはなるべく日陰を歩くようにしましょう。帽子や日傘を使って日差しを遮ることも大切です。
室内にいるときは、ブラインドやカーテン、すだれなど使い直射日光を遮りましょう。そして扇風機やエアコンなどを活用し、室温・湿度調整をしましょう。

服装を工夫する

外からの熱の吸収を抑え、体内の熱をスムーズに逃す服装が理想的です。素材としては吸収性や通気性の高い綿や麻などといったものが良いでしょう。
熱がこもらないよう、襟や、袖口があいたデザインの服もおすすめです。
ちなみに薄着の方が涼しいとはいえインナーを着たほうがいい場合もあります。肌とインナー、インナーとアウターの間に空気の層ができ、そのからの熱気を遮断してくれます。

こまめな水分補給

暑い日には自分でも気が付かないうちに汗をかいています。よって体内の水分が知らず知らずのうちに失われているものです。暑い時期は喉が渇く前に水分を補給することを心がけましょう。
水分なら、どんな飲み物でも構わないというわけではありません。コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物や、アルコール類などは利尿作用があるので水分補給としての飲み物にはふさわしいとは言えません。
また、汗をかくと水分と一緒にミネラル、ビタミン、塩分も失われています。水分補給だけでなく、ミネラル、ビタミン、塩分も補給するようにしましょう。
スポーツドリンクは水分とミネラルを補給できるので、水分補給には適している飲み物と思いますが、糖分が多いのが欠点です。飲みすぎには十分注意しましょう。

暑さに備えた身体づくり

日頃からウォーキングやランニングなどの運動で汗をかく習慣を身に着けることも大切です。暑さに身体を慣らしておきましょう。

当社がオススメする水分補給に適している飲み物

『すだち+ラ・フランスミックス』
身体がよろこぶ『水分+酢』で血液サラサラ体質が期待できる、砂糖不使用でミネラルも補給できるおすすめ商品です。

『すだち+ラ・フランスミックス』商品情報はこちらから

『すだち+ラ・フランスミックス』お得なセット商品はこちらから